あずんひの日

あずんひの色々を書き留めるブログ

Rust

Rust 1.76を早めに深掘り

OptionやResultの中身をのぞき見られるようになったりしたRust 1.76の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.75を早めに深掘り

トレイトで非同期関数を定義できるようになったり、ポインタをバイト単位で操作できるようになったりしたRust 1.75の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.74を早めに深掘り

飽和演算用の型やrustdocでの警告用ブロックが使えるようになったりしたRust 1.74の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.73を早めに深掘り

整数の割り算を安全に切り上げられるようになったり、パニック時の文言が読みやすくなったりしたRust 1.73の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.72を早めに深掘り

rustfmtがlet-elseに対応したりエラーに#[cfg]の情報が含まれるようになったりしたRust 1.72の変更点を詳しく紹介します。

GitLabのWindows用SaaS RunnerでRustをビルドする

gitlab.com公式のSaaS RunnerでRustをビルドする手順を紹介します。

Rust 1.71を早めに深掘り

配列とタプルを相互変換できるようになったりC ABIでパニックできるようになったりしたRust 1.71の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.70を早めに深掘り

グローバル変数を遅延初期化できるようになったり`format_args!`がコンパイル時に展開されるようになったりしたRust 1.70の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.69を早めに深掘り

rustdocでマクロだけ検索できるようになったり、NULLを途中に含むスライスからでもCStrを生成できるようになったりしたRust 1.69の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.68を早めに深掘り

Cargoのインデックス更新を高速化できるようになったり、std::pin::pin!マクロが使えるようになったりしたRust 1.68の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.67を早めに深掘り

チャネルの実装が入れ替わったり非同期関数の戻り値を忘れにくくなったりしたRust 1.67の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.66を早めに深掘り

半開レンジのパターンやblack_box、cargo removeなどが使えるようになったRust 1.66の変更点を詳しく紹介します。

TauriからWebViewだけ引っこ抜いて使う

RustでElectronっぽいことができるTauriからWebViewを使う部分だけ抜き出して使う手順を紹介します。

Rust 1.65を早めに深掘り

GATsやlet-elseが使えるようになったり、バックトレースが取得できるようになったりしたRust 1.65の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.64を早めに深掘り

FFI用の型がlibstdなしに使えるようになったり.await時にIntoFutureが使われるようになったりしたRust 1.64の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.63を早めに深掘り

スコープ限定スレッドが使えるようになったり、I/Oハンドルの所有権が導入されたりしたRust 1.63の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.62を早めに深掘り

enumで#[derive(Default)]ができるようになったり、小数をソートしやすくなったりしたRust 1.62の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.61を早めに深掘り

標準入出力のハンドルが扱いやすくなったRust 1.61の変更点を詳しく紹介します。

ゆくRustくるRust 2022

去る2021年のRustを振り返り、来る2022年のRustに思いを馳せる記事です。

Rust 1.52を早めに深掘り

unsafe関数内でのunsafe処理を防げるようになったRust 1.52の変更点を詳しく紹介します。

Rust 1.49を早めに深掘り

元日にリリースされたRust 1.49の変更点を詳しく紹介します